忍者ブログ

西宮・神戸・宝塚・芦屋。のんびり自転車ではしりながらデザイナーしてます。オリジナルTシャツやチラシ制作がメイン。 ゆっくりゆっくり。 ダーツ・自転車・写真に夢中です。 ダーツシャツの制作は弊社にお任せ下さい! 【GSD】のロゴを見たら思い出してくださいね。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

特に個人様経営の飲食店の販促計画について
相談いただいたり、話し合ったりする機会が最近本当に増えました。

良くなるための相談と、悪いからどうしよう。という相談のどちらかです。

ここ一年の傾向では、話す内容の80%ほどがインターネットを使った
販売促進の話題になっている気がします。


あ、この話、長いです(笑)
しかも飲食以外の方には、全く意味不明なのでスルー推奨で(笑)

いつかまとめてみたいと思っておりましたので。
ちなみに、自分はグルなびのスタッフでもなくまわし物でもありませんので
悪しからず(笑)


さて。


飲食店をとりまく、インターネット事情は・・・・

HPに近い感覚の情報系サイト(グルなびなど)VSクーポンサイトの
様相を呈してきたような錯覚におちいる場合がありますが、
多分、(少なくとも、販促上は)性格が違うものだと理解しています。

また、ブログ、SNS系サイト、その中でもTWITTERなど
多くの販促ツールとして活用可能なサイトもたくさん存在しています。

という、混沌としている海のように見えるかもしれません。。


かなりネットに詳しくないと、それらの違い、活用方法などを
理解しないまま、言われるがままに、使いまわしている場合が多いのでは
ないでしょうか?



飲食店である以上、(当面の)最終目標はお客様が来店されることだと
ここでは仮定します。

そこで、さまざまなツールを使って、どこで潜在的なお客様に
「よし。このお店にしよう!」
と思わせるか。

それがインターネットを使った販促の肝だと思います。



そして、そう思わせるのにもっとも適しているのが情報サイトだと
思います。

そして、ブログ、TWITTER、ソーシャルなどは全て
この落としどころである「情報ページ」に誘導するまでの
道しるべとして使用するのが良いと思います。

グルなびがサビキの針なら、TWITTERはその周りの撒き餌の海老さんです。
その海老では鯵さんはつれないんですね。

(さながら97%オフなどをうたうクーポンサイトは
網でスクってしまえ!的な感じでしょうか(笑))



そこで、「針」である情報ページについて。

グルなび http://www.gnavi.co.jp/
yahooグルメ http://gourmet.yahoo.co.jp/
旧foomoo(ホットペッパーグルメ) http://www.hotpepper.jp/index.html

の三大大手になってきていますね。

勿論、得意不得意は有るにせよ本命は「グルなび」だと思います。

アクセス数・ページのクオリティ・使い勝手。
そのあたりでダントツですね。


なので、小さなお店様でもインターネットで販促を
考えられるのであれば、まずは一万円コースでかまわないので
グルなびと契約されることをお勧めしています。

これが、販促の母体になります。


今のお客様の来店までの動機の中に、おそらく
「インターネットで調べてみる」という動作が含まれています。

チラシで知る、クチコミで知る、通りがかる・・・・
お店を知るきっかけはさまざまですが、お店を知った次に
潜在的なお客様がとる行動は「googleに入れてみる」だと思います。

そこで、お店の名前が出てこなければ、来店につながる確立が
薄くなる時代になってきたと思います。

また、出てくる情報があやふやなページであったりするのも
良くないとおもいます。

やはり、上記三大大手のいずれかのページであるべきで
そこには、お客様の来店までのフローを描いてあげる必要が
あると思います。


お店を知る→ホームページを探す→発見→見て行きたくなる→ご来店

この流れにいかに多くのターゲット層を乗せるか。
その戦いがインターネット販促だと思います。




そこで、母体となり、来店への落としどころであるグルなびについて
感じていることなどなど。



さすがここ数年で、急成長した企業らしく、がちがち制度が変わります(笑)
営業マンも良く変わります。

なので、2010年12月現在の話です。


まず、必ず通る話が月額1万円コースと5万円コースのお話。

僕の持論ではまずは1万円コースでスタート。
これが「今は」良いと思っています。

理由は・・・

①いつでも5万円コースに変えられるが、5から1万円への格下げは出来ない。
②5万円コースの恩恵は、お金を出せば、そのときでも何とかなる。。
③中小飲食店で5万円は厳しいでしょう?

の3点です。
違いは、イロイロありますが、大きくは

①5万円コースはページを見てもらうまでの広告が多くある。
②アクセス数に制限が無い
 (1万円コースの場合検索時に名前が出るのは3000アクセスまで)
③検索画面で写真が出ない。。。。

特に気になるのは③です。
5万円コース、高いだけあって、アクセス数は変わります。

181c5a23.jpg









↑写真があるのが5万円以上コースの証です(笑)


なので、正しい使い方としては

1万円コースで練習して、ここぞというときに5万円コースに
「格上げ」して、更なる増収を目指す!

ということだと思います。


ちなみに勘違いしやすいですが、一万円コースでは地味なページしか
出来ないのでは・・・・と思われがちですが、こんな感じまで持っていけます。

樹月さまのページ http://r.gnavi.co.jp/k731000/
楽家さまのページ http://r.gnavi.co.jp/k670501/
チロリンムラさまのページ http://r.gnavi.co.jp/c015700/
宴石さまのページ http://r.gnavi.co.jp/kad8600/

このコースでも、かなりしっかりしたページに出来ると思います。
あとは、いかに、このページまで来てもらうか。

「来させるか。」



まずは、母体であり、受け皿であり来店への最後の落としどころである
自店のページをしっかり作りこんで、
ターゲット層のお客様が見に来さえすれば
高い確率で来店させられる状況を作ることです。

その後に、TWITTERやSNS、ブログなどを使って
ターゲット層に直接アプローチし、ページを見に来てもらいます。


TWITTERやSNSが飲食の販促にとって今までと画期的に違うのは
ターゲットに直接アクセスできることです!

大学生がターゲットなら、大学生の集まる場所(コミュニティ)がある。
自己紹介に大学名まで書いてある。

OLがターゲットなら、OLが好きなもののコミュニティを見つけられれば
そこには自店のターゲットがわんさか(笑)

でも、忘れてはいけないのは、TWITTER、mixi、Brogなどの
ソーシャルメディアで、「来店させよう」としてはいけないと思います。

これらの目的は

「面白そうだからホームページ見てみよう」

と、思わせることのみに徹底すべき。
ここが肝心だと思います。


で!

見に行ったページがすばらしく、自分にとって、行くべきお店だとわかり
実際に行動(ご来店)する。

繰り返しになりますが、
この一連の流れに、いかに多く自店のターゲットを乗せるか。


それぞれのツール(グルなびやTWITTER、mixiなど)のクオリティが
高いことは勿論ですが、
それぞれのツールの発しているイメージ、内容、想いが一緒であり
ターゲット層にとって、響くメッセージであることが大事です。

それぞれのツールの役割を徹底して、来店につなげる。


自店にとって、撒き餌にはどのツールが良いのか。
実際のサビキ針にはどのツールが良いのか。
(いくらのツールが良いのか。)


まずはこのあたりから見極めて、多くのお客様のご来店につながる
インターネット販促が出来れば、想像以上の成果が上がることと信じています。



PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カテゴリー
◎ プロフィール
HN:
hidetoshi matsuo
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/11/07
自己紹介:
大阪府堺市出身。
兵庫県西宮在住。


松尾英俊総合制作事務所

っていう、フリーランスの
デザイン事務所風デザイナーを
やっております。

ブランドは
GOOD STANDARD DESIGN

ロゴ制作やフライヤー
ショップカード
名刺制作を中心に
写真も撮ります。

Tシャツが大好きです。
好きさあまって
よく創っております。


ダーツ関係のお店に
縁があります。


ダーツシャツや
トーナメントシャツなど
制作多数。
神戸界隈ならまかせとけ!



制作のご相談など
24時間メール下さい!
mmfactory@biscuit.ocn.ne.jp




◎ twitter!
◎ Photo by ZORG
◎ カウンター
◎ ランキング参加中2
人気ブログランキングへ
◎ google
◎ 忍者アド
◎ バーコード
◎ フリーエリア
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]