忍者ブログ

西宮・神戸・宝塚・芦屋。のんびり自転車ではしりながらデザイナーしてます。オリジナルTシャツやチラシ制作がメイン。 ゆっくりゆっくり。 ダーツ・自転車・写真に夢中です。 ダーツシャツの制作は弊社にお任せ下さい! 【GSD】のロゴを見たら思い出してくださいね。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダーツシャツを作らせていただいております。
たくさんやらせて頂いておりますが、その半数以上はSHADEさんの
シャツを使わせていただいているような気がします。

先日、たまたま、偶然!
同じサイズの3種類が無地の状態で揃ったので、わくわくしながらレビューです。

まずは基本的に3種類の説明。

Masters

フルジップのシャツ。
SAMURAIプレーヤーや木山さんが着ていたイメージが強い気がします。

7200円。


Supreme

比翼仕立てタイプのダーツシャツ。
ボタン+ボタンを隠す生地の仕様です。

7200円。


Basic

ボタンタイプの開襟シャツ。
気安く、形も生地も心地よいのでおすすめ!

5800円!



そうなんです。
形の好みはあれど、Basicだけが安いんですね。

それをどう捉えるか。


で、一通り写真アップ!


P1010049.JPGP1010050.JPG










P1010048.JPG




  【左上】Masters
  【右上】Supreme
  【左下】Basic




素材的には、全てポリエステル100%とだけ書いてあります。
良く、高い2種と安い1種は生地が違う!と言っている話を聞きますが
これ、なぞです。

実際はどうなのでしょうか?
詳しい方、教えてください!

で、見た目で違うのが、高い2種は胸ポケットが内側に入ってます。
安いほうは外に縫い付けてある感じです。

制作業としてはこれだけで、えらい手間が違う気がしますが。。


アップの写真です。

P1010052.JPGP1010051.JPG










P1010053.JPG



 【左上】Masters
 【右上】Supreme
 【左下】Basic





で、全ての着心地の問題ですが。ここからは完全に私感です。

マスターズのフルジップは、どっしりきます。
おそらく、目方で図れば同じ重さだと思いますが、来た感じは
ずっしり感があります。
これは好みが分かれると思います。

シュプリームとベーシックは着心地は似ていると思います。


そして、先に少し触れた生地感ですが・・・

触ってみたり、眺めてみたり。

同じだと思います。

ただ、高い2種は重なっている部分やポケットの部分などがあって
分厚く感じるのかなぁ・・・と。。

いや、実際、仕様で違うかもしれません。
ここは軽くスルー推奨です。



見た目感ですが・・・・

フルジップは好みですね!
良く、チーム内でも意見が割れています(笑)

ベーシックか、シュプリームか。


シュプリーム、想像以上にきたときに綺麗です。
だけど、派手ではけっしてありません。

やはり、プリントや刺繡の内容・予算で
相談しながら決めていくのが良いのかな?と。

背中はでで、前が真っ黒というのも、好みだと思います。



で、そんなん良くわからん!という方!
ぜひGSDにご連絡下さい(笑)



■まもなくオープン!GSD web shop

■ダーツシャツやT-shirtsの制作承ります。 
詳細はこちらからどうぞ!

■ダーツグッツは一点から送料無料■ ダーツショップDG 

フライトワンセットから送料無料!
グッツを探すときの入り口はここで決まりです!
業販も弊社までお問い合わせ下さい!




結論。


SHADEのシャツはやっぱり良い!


PR

ダーツシャツを作る際に、まずお客様の要望を
伺うのは当然なのですが。

お客様もいろいろありすぎてよくわからないのが事実だと思います。

で、いろんな技法やベースシャツを紹介して、すこしでも
ダーツシャツつくりのお客様側に立った紹介が出来れば。

と思い、始めたこの企画。



今回は「デジタル転写」です。


感想は、想像以上でした。


ダーツシャツを作る際、まぁ、やはりメインは背面のデザインに
なると思います。

10名前後のチームを想定して、このメインのデザインが
単色でOKならば、シルクスクリーンプリントが良いと思います。

質感は、もっとも好きです。


問題は、ロゴが既にフルカラーであったり、派手な色使いをしたい場合です。


上述のシルクスクリーンでも出来なくは無いのですが、かなり高くなります。

なので、選択肢は・・・

1 刺繡
2 転写
3 昇華プリント

と、なります。

全て良い所悪い所ありです。


今回の「デジタル転写」は2、になります。

版をPC上に作り、シートにプリントして、
専用の器械で、データどおりに断裁し圧着する技術です。


長所

質感が良い!
値段が(比較的)安い!
フルカラー!


短所

サイズが27センチ程しか取れない。
細かすぎる断裁は出来ない。



となります。

実際の仕上がりはこんな感じです!

P7028189.JPGP7028191.JPG










まだ納品前の商品につき、全体像を掲載出来ません。
(じゃあ、書くなよ!という突っ込みはスルーで。笑)

ただ、今、もっとも最新で進歩している技術だと思います。


GSDなら、全ての技術を組み合わせで注文できるので、
背面はシルクスクリーンで質感を持たせて、前面の胸上に
デジタル転写でお店やチームのロゴをワッペンのようにつける!

なんてことも可能です!

刺繡との組み合わせも、勿論可能です!


ダーツシャツつくりの際には、是非ご検討下さいね!


■PR■

日本全国からご依頼受付中!
ダーツシャツやチームTシャツをお考えならGSDにお任せ下さい!

詳細はこちらのページでどうぞ!



■ダーツグッツは一点から送料無料■

ダーツショップDG 

フライトワンセットから送料無料!
グッツを探すときの入り口はここで決まりです!


ずっと昔の中学生の頃。

サッカーをしていて、でも、そんなにお小遣いが無いから
好きなチームのユニフォームとか、そうそうは買えない。

その時によく見かけたのが、昇華プリントの
ユニフォームだった気がします。

今思えば、テラッテラの生地に無理やり2色くらいで印刷してあって。



今の、昇華プリント技術は凄いと思います。
仕上がりもかなり綺麗!


P5195135.JPG











昇華プリントとは、特殊な用紙に染料をのせ、
それを専用の生地(この場合はダーツシャツ)に乗せ合わせ、
専用のプレス機で加圧します。

そうすると、染料が生地に乗り写ってしまします。
これが昇華のイメージです。


メリット

色数がほぼ無制限。
使用や洗濯によってはがれたりはげたりしない。
グラデーションが使える。

デメリット

質感を好まない場合もある。


もし、白シャツ+昇華でシャツをご検討の方やチーム様は
お声掛けくださいね!


■ダーツグッツ買うなら送料無料■

ダーツショップDG
フライト1セットから送料無料!まずはここでチェックです!

続。オリジナルダーツシャツについて考えてみました。

前回のエントリーにて、無地の状態のベースシャツはどうする!?
という事について検討いたしました!

で、カラーとタイプから、無地のベースシャツがきまれば
次はついにデザイン!

の際に、問題になるのが、プリント方法です。

一般的には、シルクスクリーンと転写、刺繡の3方法から選ぶ事になります。
刺繡はともかく、スクリーンと転写の違いなど、実際にはかなり微妙です!

なので、ここで少しまとめのレビューをアップしてみました!


【シルクスクリーンプリント】

P4284977.JPGP5135010.JPG











シルク(のような)スクリーンに、印刷する部分を細かい網状(ストッキングの
ようなイメージ)にしたものを、シャツの上におき、インクを上から擦ります。
そうすると網状になっている部分のみシャツに移ります。

これが仕組み。

なので、ココまでは単色ですね。
2色になれば、同じ作業をもう一度繰り返します。

おおよそ、このひとつの版が8000円程度が相場です。
なので、2色になると16000円。

プラス1枚あたり、100~300円のプリント代金が必要です。

メリット
枚数が多いときには、圧倒的に安い!
洗濯など過酷な環境にも強い!

デメリット
枚数が少ない無い場合は高くなる。
カラー数を増やしにくい(高くなる)


【転写】

イメージとしては、紙のようなものにデザインをプリントし、それをシャツに
プレス機などで圧迫し、圧着させる方法です!

ややこしいのは、転写とカッティングシート転写の違いです。

で、実際は会社・工場・サイトごとに、何を転写と呼び、何をカッティングと呼ぶかは
違うようです。いや、違って当然のようです。

なので、どのようなものを作りたいか?
それはどうやって表現するのが良いか?
をしっかり伝えてから制作するほうが、予算・仕上がりともに納得できそうです!

メリット
一枚から制作してもらえる(別料金の場合が多数ですが・・・)
版代のようなものが無いので少ない枚数の場合は比較的安くなる。
色数が、ほぼ無制限なので派手に仕上げることが出来ます。

デメリット
はがれる危険性が0ではないので、洗濯は要注意でしょう!
枚数を増やしても同じ値段。

P4284979.JPGP5135011.JPG












左がいわゆる転写です。
右が、ネームなどに使われることの多い、カッティング転写。

カッティングの場合は、白いシートを文字型に切って
シャツに貼り付けます。
なので、色が入れられません。
しかし、名前など、1枚1枚違う場合でも対応してもらえます。


【刺繡】

やっぱり高級感が違いますね。

最近のお仕事のなかで、かなり学びました(汗
意外とおくが深いです。

まず、刺繡可能な幅が物理的に35cm以内です。
さらに、ポロシャツなど前が開かない場合はもう少し小さくなります。

代金は、おおよそ、型代(最近はコンピューター処理なので、
実質データ制作料金だと思います)が20000円位。

1枚あたりの施行料金が、箇所数・糸数によりますが、3000~5000円。

枚数が増えてもあまり変わりません。
が枚数が少ない場合は高くなります!

でも、完成度と優越感。暴走族感(←これ大事!)は圧倒的です。
いかがですか?

メリット
完成質感のよさ
色数にあまり縛られ無い
デメリット
納期が長い。
枚数が多くても比較的高い。
仕上がり優先のシステム

63f55058.jpgPB019019.JPG












好みもありますね!
一般的には、ハードダーツは刺繡。
ソフトダーツはプリント。
の傾向があります。

だけど、気にせず好みで作ればいいとも思います。

それぞれ、一長一短。
ご相談だけでもぜひどうぞ!


【参考】写真を使わせていただきました!

K2さま http://gsd.blog.shinobi.jp/Category/10/
MAGGIE’Sさま http://gsd.blog.shinobi.jp/Category/23/
AQUAさま http://gsd.blog.shinobi.jp/Category/25/
★8822★さま


■ダーツグッツ、バレルを買うならこちら■

GSDにてバナー制作させていただいております。
送料無料!商品ラインナップ豊富!

まずは、気になる商品をチェックしてみては?

DARTS SHOP DG さま




◎ カテゴリー
◎ プロフィール
HN:
hidetoshi matsuo
年齢:
39
性別:
男性
誕生日:
1977/11/07
自己紹介:
大阪府堺市出身。
兵庫県西宮在住。


松尾英俊総合制作事務所

っていう、フリーランスの
デザイン事務所風デザイナーを
やっております。

ブランドは
GOOD STANDARD DESIGN

ロゴ制作やフライヤー
ショップカード
名刺制作を中心に
写真も撮ります。

Tシャツが大好きです。
好きさあまって
よく創っております。


ダーツ関係のお店に
縁があります。


ダーツシャツや
トーナメントシャツなど
制作多数。
神戸界隈ならまかせとけ!



制作のご相談など
24時間メール下さい!
mmfactory@biscuit.ocn.ne.jp




◎ twitter!
◎ Photo by ZORG
◎ カウンター
◎ ランキング参加中2
人気ブログランキングへ
◎ google
◎ 忍者アド
◎ バーコード
◎ フリーエリア
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]